Top > 写真いろいろ > キャブの中が汚い!
February 11, 2008

緑色の汚れ


このキャブ、暫くエンジンを掛けずに放置しておくと、何故かジェット表面が緑青にビッシリ覆われてしまったり、青海苔状の汚れがフロートチャンバー内に増殖したりする。
思えば、2000年11月に1号機製作のためXLR250Rの車体ごと引き上げてきた際、キャブの内部はこのような有様だった。
一度綺麗にしたつもりではあるのだが、不調になるたびに分解してはジェットを洗浄し、と、何だか手間が掛かる。


見ると、フロートチャンバー内は再びうっすらと緑に色づいてきている・・・。

分解・洗浄


緑色の汚れの再増殖を阻止すべく、バラしたキャブボディとフロートチャンバー、ジェット類をラストリムーバー3倍希釈液にドブ漬け&ブラッシングし、綺麗サッパリ洗浄。


漬け置きに費やした時間は30分くらいだったか。
一皮剥けたように綺麗になった。
水で洗い、乾燥、エア吹き、そしてサビ防止のためCRC 5-56を吹き付けて・・・

完成


組み立て完了。


当ウェブサイトに掲載の内容を車両に施したことに起因する事故、怪我、不具合等に関して、当方ではその責を一切負いません。
Any kind of trouble, injury, or accident caused by reproducing any of the articles posted in this website for your own or somebody's vehicles will be only at your own risk.
Copyright© 2005 - 2008 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.