Top > 製作 > 駆動系
リアホイールアダプタ

June 4, 2006

入手したATV用リアホイールのハブボルトPCDは115mm。 一方、世の中に存在するものの中には、100mmや110mmもあるようだ。
そこで、上述3タイプいずれも装着できるよう、ハブはマルチPCDとする。
アダプタは、カート用ハブを介して、同じくカート用のリアシャフトに取り付く。


素材は、外径142mm、t6.8の鉄板。
紙で作った穴位置テンプレートを基に、下穴を開け、必要な径の穴を開けていく。


製作途中のアダプタたち。
左の2枚がリアホイール用で、他はブレーキディスクおよびドリブンスプロケット固定用。

ドライブシャフトAssy

June 11, 2006

カート専用品は高い。 そこで入手したのが、幅8x7高さx長さ300、の10本入り。
高さ7mmのところを、4.5〜5mmになるまでグラインダで削りに削って調整。
10本中9本は使わずじまい。


ブレーキディスクと、ドリブンスプロケット。
いずれも、カート用のショートハブと、先に作ったアダプタを介してシャフトに固定。


ドライブシャフトAssy全景。


一号機に使っていたドライブチェーンを掛け、長さを調整する。
テンショナーの製作はこれから。

当ウェブサイトに掲載の内容を車両に施したことに起因する事故、怪我、不具合等に関して、当方ではその責を一切負いません。
Any kind of trouble, injury, or accident caused by reproducing any of the articles posted in this website for your own or somebody's vehicles will be only at your own risk.
Copyright© 2005 - 2006 古賀 知憲 Tomonori Koga
All rights reserved.