楽しい四輪バギーを自作しよう!

部品集め
04/20/2002 Updated


XLR250R 7-years left
トップページにあるXLR250Rの、バラす前の姿。
オーナー氏によって7年間放置されていたため、ボロボロ。


Frame with engine
そして、エンジン付きフレームの状態で我が家に軟着陸。
さて、ここからどうするかが思案のしどころ。


What's in there?
キャブレターのフロートチャンバーを開けたところ。
あれれ、ここは青海苔の養殖場??
オーバーホールのあと、無事にエンジンは掛かり、7年間の眠りから目覚めた。


Cool wheels!
ホイールは、アルミダイキャストで、ホンダ ライブディオZXとか言う50ccスクーターのフロントホイール。
解体屋で1本\3,000なり。
見た目でカッコいいし、普通の鉄プレス成型品より丈夫そうなのでこれに決定。


Nothing but free of charge Ready for use
ある日近所のカートショップで、
「中古のシート、何かありませんか?」
と聞いたら、
「これで良ければ、タダであげます。」
・・・破損個所付きということもあるが、タダで頂いてしまった。 感謝です。
で、補強も兼ねてFRPでヒビ・穴明き箇所を自宅で補修。


Defective carriper
XLRのブレーキキャリパーの固着は、とにかくひどい。
エアを吹き込んだくらいでは、出て来やしない。
仕方なく、ホースを繋ぎ直して、フルードで押し出した。
以前に他のXLRでも全く同じ症状を経験したことがある。
分解前からピストンの先端にクラックが入っていたのも、以前と同じ。
これ、この車種特有の欠点か?
→ 結局、このキャリパーはフレームの形状に合わず、使わないことにした (4/20/2002)。



リアショックアブソーバーを解体屋で調達。
「抜けてるのは1本\1,000。」
で、2本購入。 カワサキの何か用。
延長用にと解体ヤードで拾ったブレーキホースは、タダで貰えた。

フロントブレーキローター。
ホンダのスクーター用のようだ。 解体屋にて調達。
我がバギーではリアアクスルシャフトに取り付けて、後輪制動とする予定。
XLRのキャリパーと組み合わせて使う。



ヤマハTZR50など用のドリブンスプロケット社外品。 チェーンサイズは428、歯数41。
3枚購入した訳は、製作が進むにつれいつの日か明らかにします。
注文した店の係員は不思議そうな表情を隠せなかった。
これを選定した根拠は以下の通り。
(1) 1987年式XLR250Rエンジンにつくドライブスプロケのチェーンサイズは428。
(2) リアホイールにスクーター用の10インチを使うため、ファイナル比を小さく取りたい。
チェーンサイズ428と少なめの歯数、しかも安いドリブンスプロケとなると、コレしか見当たらない。

チェーンは、サイズ428、長さ130mm。 ネット通販で購入。
なんでもアウトレット品とのことで、お値段は一本¥1,000なり。
ノンシールタイプだが、まあ大丈夫でしょう。 長さは後でカットして調整すればいいか。



GB250クラブマンのメーターを購入。
これを探して買った理由は、XLRのノーマルメーターにはタコメータがなく、ほぼ同じエンジンの載ったGB用で代用できると考えたから。
やはりタコメータは必需品。
各インジケータランプの配線類も、そのまま使えそう。



ZXR250のサイレンサー。 これも使おうと思っている。



鋼材もやっと揃えた。 まずは、作業環境向上のための作業台製作からか?



そうこうしているうちに、広島の小林サンから突然、「いろいろ出てきたから、送るよ」と、軽4用のユニバーサルジョイント&スプライン付きのシャフトやら、ブレーキキャリパーやら、未使用のショック、はたまたベアリングなどなど、しめて総質量30kg入りの宝箱が送られてきた。 会社の引越しの際に出てきたとのことだが、何でももう要らないとか。
感謝、感謝!



注文していたベアリング・ロッドエンドが届いた。 インターネットで見つけたベアリング販売店から、通販で購入。
ダメモトで探して見つけたとは言え、こんなモノまでネットで買えるとは、思ってもいなかった。



モンキー用の社外ショックの新品を格安で購入。 取り付け穴間が280mmと、我がバギーのフロントにちょうどいい。


トレール用タイヤ、サイズ 4.00-10。 バイクパーツ屋のインターネット販売で購入。
本当はモトクロス用タイヤを考えていたのだが、サイズが2.50-10のみで、用意してあったホイールには細すぎて合いそうにないため、取り敢えず今回はこれで我慢することにした。
左の2本がブリヂストン、右の2本がダンロップ。
チューブも必要なので、併せて購入した。



何はともあれ、走行するには必要なフュエルタンク。
良さそうなものを求めてネットオークションを徘徊。 スズキセピアZZとかいう50ccスクータのタンクを、トレイ状のベース、固定用ベルト、それにオイルタンクまで込みで\500で見つけた。
黒いものがガソリンタンクで、容量は5Lらしい。 オイルタンクは、リザーブ用にでも使うか。



GB250のフロント用らしいブレーキキャリパ。 貰い物の部品の箱から出てきた。
XLRのブレーキパッドがそのまま使えそうだが実はダメで、パッドのベースプレートを左右2mmずつ切り詰める必要があることが分かった。
キャリパ本体は、バラしたところ、シール類はまだ生きてそうなので、再使用することにした。 ピストンの材質は、XLRと異なり、スチール製。 カジリも発生しておらず、エア圧ですんなり抜けた。


・・・ 続く

トップのフレームページへ戻る (← フレームが表示されない場合にクリック)
English Page Top