楽しい四輪バギーを自作しよう!

コンセプト


排気量: 250cc

50ccもいいが、とにかくパワーはあるに越したことはない。 その方が走ってて楽しいはずから。
また、オフロードでの走破性を考えると、やはりエンジントルクは大きいほうがよろしい。
なぜ250ccかと言うと、たまたま友人から1987年式ホンダXLR250R(約7年間不動状態)が手に入ったから。


車体サイズ

- 全長 2,000mm以内
- ホイールベース 1,500mm以内
- トレッド 1,000mm以内(前後輪とも)
理由は簡単。自分のハイエースバン荷室寸法の制約に合わせるため。
これはまた、ゼロハンカーレースのレギュレーションにも適合するよう考慮したためでもある。


乗車定員

乗車定員は、勿論ドライバー1人のみ。 それ以上だと、車体サイズが大きくなり、ハイエースバンに乗らなくなるから。


使用部品

エンジン周りは、可能な限りXLRのノーマル部品を使う。 その方が安く上がるから。
その他主要な部部品は以下の通り予定している。
前後ホイール: 50ccスクーター用10インチ
- シート: レーシングカート用
- シートベルト: クルマ用(手持ちの4点式)
- ステアリングホイール: クルマ用(手持ちのMOMO)


車体フレーム・サスペンションアーム類、ステアリングリンケージ等

鉄パイプ、板材等の鋼材で自作の予定。 エンジン保持部は、XLRのフレームを切り出して使う。
ドライブシャフトやステアリングリンケージなども、完全自作。
ベアリングやロッドエンドは、規格品を購入する。


・・・続く

トップのフレームページへ戻る (← フレームが表示されない場合にクリック)
English Page Top